胃の不調で、お悩みの方へ

吐き気・嘔吐でも病気ではない(薬の副作用)

薬の副作用とは、欲しい薬の効を主作用といいまして、
それ以外の作用のことを副作用といいます。

 

 

ここではがんの治療中におこります、
吐き気・嘔吐の副作用について調べたものを、発表します。

 

 

化学療法(薬)による副作用

 

中枢神経には嘔吐を引き起こす物質に反応して、
嘔吐中枢を刺激する部分があります。

 

 

血液中の化学物質の影響を受けやすく、抗がん剤治療による嘔吐は、
主にこのルートによりおこりやすいと考えられています。
またある種の抗がん剤は、末梢の神経を介し嘔吐中枢を刺激します。

 

 

放射線療法による副作用

 

放射線によって体内の細胞が変化を起こしまして、
壊された細胞の成分が血液又は神経を介し、
嘔吐中枢を刺激しておこります。

 

 

消化管通過障害

 

がんの再発・転移による消化管の圧迫・狭窄、
手術後の腸管癒着などの原因で起こります。

 

 

腹痛、腹部の張り、排便・排ガスがないなどの症状を伴い、
食事中・食後に苦しくなり吐くと楽になることもあります。

 

 

嘔気・嘔吐がおきたらどのようにすればよいでしょうか。
原因がわからず頻回に嘔気・嘔吐が起これば病院を受診しましょう。

 

 

吐物の性状や回数、嘔気・嘔吐の症状の現れる時期は、
体の異常を知る大切な目安になりますので、メモをしておきましょう。

 

 

特に嘔気・嘔吐の症状の現れる時期を調べておくことは、
食事に関係がないかなどを知る上で、重要になってきます。

吐き気・嘔吐でも病気ではない(薬の副作用)関連ページ

吐き気・嘔吐でも病気ではない?

 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集