胃の不調で、お悩みの方へ

積極的な胃がん治療の中止とは?

私は自身が胃がんなるまでは、
がんの治療とは完治するまでおこなわれると思っていましたが、
みなさんはどうでしょうか。

 

 

積極的ながん治療の中止とはどういうことなのか、
わかりにくいかもしれませんね。

 

 

そこでどのような時にがん治療を中止するのかを、
調べてみました。

 

 

胃がんだけの話ではありませんが、手術でがんを切りとったり、
放射線治療や確立しています抗がん剤の治療の効果がない、
このような場合には積極的に治療ができなくなるのです。

 

 

また抗がん剤の副作用が強く、抗がん剤が使用できなくて、
むりに続けますと、かえって体調が悪くなる場合もあります。
このような場合でも積極的ながん治療が中止されます。

 

 

同じがん治療の中止でも理由はさまざまですので、
担当医にどのよう理由なのかをよく聞くことが大切です。

 

 

治療が出来ないないという場合の治療とは、
抗がん剤などの治療をいっていますので、
体調を整えたり、痛みの治療はおこなえます

 

 

抗がん剤の副作用のために、がん治療が続けられない場合には、
副作用にたえられるように、痛みや吐き気・嘔吐、食欲不振などの、
症状をやわらげる治療をおこないます

 

 

そして体調が良くなっていきますと、
抗がん剤などの治療が再びできるようになる場合もあります

 

 

このようにがん治療の中止といいましても、
これでがんが治らないということではありませんので、
疑問点を担当医や看護師に相談することが大切です。

 

 

納得がいかない場合には、セカンドオピニオンを考えましょう。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集