胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんの緩和ケアとは?

胃がんに限らず進行がんでも、
手術ができないとか、できてもがんがとりきれない、
また抗がん剤でも完治できない場合もありますよね。

 

 

私の場合は手術でがんを切除して、
軽い抗がん剤でもじゅうぶんに完治の見込みはありました。

 

 

ですががんがもっと進行していて、完治が難しいのであれば、
これからどう生きていけばいいのか不安ばかりで、
解らなくなったとおもいます。

 

 

みなさんも同じだと思いますが、このような場合には、
緩和ケアを利用するという方法があるのです。

 

 

そこでここでは、緩和ケアについて調べたことを発表します。

 

 

緩和ケアと言いますのは、文字通りやわらげるということでして、
がんにともなうからだや心のつらさですとか、
療養や社会生活などにきめ細やかに対応・援助をします。

 

 

患者さんや家族の生活の質(QOL)の維持や向上につながます。

 

 

さらには、身体的な苦痛だけでなく、
患者さんが療養中におこることにたいするさまざまな問題点を、
全人的苦痛(トータルペイン)としてとらえて対処します。

 

 

このうち医学的なみかたとしては、
身体的・精神的な医学的問題に対する治療やサポートをしていて、
緩和医療ですとか、緩和治療といっているのです。

 

 

以前の日本ではがんにともなう心身の苦痛を、
やわらげることへの対応がじゅうぶんではなかったので、
患者さんや家族は大きな不安をもって療養していました。

 

 

ですが最近では、がん患者さんがもっている全人的苦痛から、
患者さんを解放するために、がんの末期だけではなく、
がんと診断された直後から、取り入れられるようになってます


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集