胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんの緩和ケアの方法とは?

先ほどの項目では、胃がんの緩和ケアについて説明しましたが、
実際の胃がんの緩和ケアとは、どのようなものなのでしょうね。

 

 

そこで私が調べてみましたので公開します。

 

 

胃がんになった患者自身やその家族に対して、
身体的な痛みはもちろんのこと、
心の不安や社会に復帰できるかなどの不安、

 

 

スピリチュアルな問題(生きていくことの意味や、
人生の価値観についての苦悩など)を、早期から正しく評価して、
苦痛の予防と軽減をすることが可能になります。

 

 

緩和ケアは、からだや心の苦痛の解消することが重要ですので、
患者さんは胃がんがどのような段階でも苦痛を我慢しないで、
医師や看護師などに伝えることが大切です。

 

 

ですがどのくらい痛みが強いのかというのは、
人には伝えにくいですので、自分の想像できる痛みを10として、
自分はどのくらいの痛みなのかを、数字で伝えたりします。

 

 

身体的な痛みの治療は、胃がんの進行程度にかかわらず、
痛みのない生活の実現を目標におこなわれまして、
痛みの強さによって、鎮痛剤の強さが3段階になっています。

 

 

弱い痛みには非オピオイド鎮痛剤という消炎鎮痛剤や、
アセトアミノフェンというものが使用されます。

 

 

中程度の痛みにはコディンやトラマドールが使用されます。

 

 

強い痛みにはモルヒネ・オキシコドン・フェンタニルなどが、
使用されます。

 

 

コディン・モルヒネ・オキシコドン・フェンタニルなどは、
医薬用麻薬ですが、医師の指導のもとで必要な分量を使えば、
中毒・命が縮む・だんだん効かなくなるということは無いのです。

 

 

副作用として吐き気・嘔吐・便秘・眠気がある場合もありますが、
多くの場合は、副作用対策を十分にすることで、
副作用をおさえて心配なく使用することができるのです。

 

 

緩和ケアの目的といいますのは、心身の痛みだけではなく、
自分や家族はどうなっていくのか、これかの生活はどうなるのか、
病院でのケアは心身の痛みに対するケアが主なものですが、

 

 

たとえ医師や看護師では解決できないと思われる痛みだとしても、
患者さんは遠慮をしないで、伝えることが大事なのです。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集