胃の不調で、お悩みの方へ

腹痛と吐き気(尿路結石)

尿の通り道である腎杯(じんぱい)・腎盂(じんう)
尿管・膀胱・尿道を尿路といいます。
この尿路にできた結石が、尿路結石なのです。

 

 

腎盂・腎杯でできました結石が尿管に降りてきて、
尿の通過障害を起こしたした場合、

 

 

疝痛(せんつう)発作といわれる七転八倒するほどの、
激しい痛みや血尿が起こりますが、
これが尿路結石の典型的症状です。

 

 

激しい腰背部痛・側腹部痛・下腹部痛のほかに、
吐き気や嘔吐が起きることもあります。
しかし、結石が腎盂や腎杯にある場合には軽い鈍痛程度です。

 

 

尿路結石は30〜60代の男性に特に多く
上部尿路(腎杯・腎盂・尿管)にできるものと、
下部尿路(膀胱・尿道)にできるものに分けられます。

 

 

近年の調査では、約95%が上部尿路結石なのです。

 

 

尿路結石の原因はいろいろとあります。

 

 

・尿路の通過障害
尿路に何らかの通過障害があるときには結石ができやすくなります。

 

 

・尿路感染
尿路感染は、結石ができるさせる原因のひとつです。

 

 

・水分摂取
日常生活でとくに重要なものは水分と食事です。
水を多く飲むことが、結石形成の予防になります

 

 

尿量を多くすることで、尿中にいろいろな物質が、
溶けやすい状態になります。

 

 

また、尿流が多くなることで、
結石になる前の結晶の段階で流れるようにもなるのです。

 

 

尿路結石の症状としては、突然の腰背部・側腹部・下腹部の激痛、
さらに鼠径部(そけいぶ)・外陰部への痛み、血尿、吐き気・

 

 

嘔吐(腹腔神経節が腎臓と胃の両方を支配しているため併発する)が
現れた場合には、尿路結石を考えた精密検査をする必要があります。

 

 

このような症状が生じた場合には、泌尿器科への受診をすすめます。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集