胃の不調で、お悩みの方へ

腹痛と吐き気(急性膵炎)

・急性膵炎(すいえん)

 

 

膵臓(すいぞう)は、たん白分解酵素や食べ物を消化・分解する、
いろいろな酵素をつくって分泌しています。

 

 

急性膵炎は、活性化された膵酵素(すいこうそ)にの影響で、
自分の膵臓が消化されてしまって、
膵臓やその他の主要な臓器に炎症と障害が起こる病気です。

 

 

急性膵炎の原因で最も多いのはアルコールで、
次に胆石(たんせき)と原因不明の特発性が原因です。

 

 

内視鏡的膵胆管造影(ないしきょうてきすいたんかんぞうえい)、
手術後・特殊な薬剤・血液中の中性脂肪が高い脂質異常症
これらによって引き起こされることもあります。

 

 

ですがそれ以外の原因は極めてまれです。

 

 

急性膵炎で最も多い症状はお腹の上の方が痛みます
痛みの場所はみぞおちからお腹の左上で、
しばしば背部にも広がります。

 

 

そのほかの症状としては吐き気、嘔吐、
腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)、食欲不振、発熱があります。

 

 

治療の基本は、絶飲絶食をしまして膵臓を安静にして、
初期のころには十分な輸液の投与をします。

 

 

食事や飲む事は、間接的に膵臓を刺激して膵酵素の分泌を促して、
膵炎を悪化させるので、急性期には厳密な絶飲絶食が必要です。

 

 

膵炎では炎症のために大量の水分が失われているので、
多量の輸液が必要になります。

 

 

腹痛などの痛みには鎮痛薬をタイミングよく使用します。
さらに、膵酵素の活性を抑えるはたらきのあります、
蛋白分解酵素阻害薬もよく使われます。

 

 

軽症と中等症の多くは、このような基本治療で軽快します


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集