胃の不調で、お悩みの方へ

胃潰瘍とは?

胃潰瘍の症状は、食後すぐに痛みを感じましたり、
胸焼けやげっぷ、むかつきがあることがあります。

 

 

ですが、まったくの無症状の場合もありますので、
注意が必要なのです。

 

 

胃潰瘍とは、胃液が自分の胃の粘膜を消化してしまいまして、
潰瘍を作る病気です。

 

 

胃は通常であれば、胃の表面は粘液で守られているのですが、
色々な原因で粘液が少なくなります。

 

 

その原因としましては、ピロリ菌の感染や強い薬の服用、
ストレスや暴飲暴食で胃が弱まりますと、
自分の胃酸で、胃の表面が攻撃されてしまうのです。

 

 

そして胃酸などで、胃の表面に傷ができまして、
胃潰瘍になっていくのです。

 

 

胃潰瘍深くなりますと、血管を傷つけて、出血して血を吐いたり
排便に混ざりまして、排便が黒っぽくなる場合があります。

 

 

胃潰瘍の検査は、内視鏡検査(胃カメラ)や、
バリウム検査が、おこなわれるのです。

 

 

潰瘍が悪性かの判断や、ピロリ菌に感染しているかなど、
組織を取りまして、精密な検査ができますので、
胃カメラでの検査の方が、有効なのです。

 

 

胃潰瘍の治療やピロリ菌の除菌には、
薬物を使用した方法がとられまして、
期間としましては、2ヶ月ほどかかるのが通常です。

 

 

それでも胃潰瘍の治療や、ピロリ菌の除菌ができていない時は、
薬の種類を変更して、再度治療していくのです。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集