胃の不調で、お悩みの方へ

機能性胃腸症とは?

機能性胃腸症の症状としては、胃の痛みや胃もたれがあるのですが
胃カメラの検査では、悪い所は見つからないのです。

 

 

胃酸過多・神経性胃炎・胃アトニーと、呼ばれていた病気も、
現在では、機能性胃腸症に、含まれるのです。

 

 

機能性胃腸症の原因としては、次のことがあります。

 

 

暴飲暴食による胃もたれは、食べすぎなどで胃の機能が低下して、
胃の中に長く食物が停滞することでおこります。

 

この場合は、食事を少量ずつ食べるなどの対処で、良くなります。

 

 

ですが機能性胃腸症の胃もたれは、
胃の運動機能障害でおこりますので、
必ずしも食事療法が、効果的ということではないのです。

 

 

また、精神的な不安やストレス、過労などが原因で、
自律神経のバランスが崩れることでもおこるのです。

 

 

機能性胃腸症の検査は、
血液検査・尿検査腹部エコー検査・胃カメラなどで、
胃潰瘍や胃がんなどの病気が、無いかを検査します。

 

 

精神科の病気が原因の場合は、
心療内科や精神科で、治療を受けましょう。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集