胃の不調で、お悩みの方へ

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎とは、胃に入った物とか胃酸が、
食道に逆流をして、食道の粘膜が炎症を起こすことです。

 

 

逆流性食道炎の一番特徴的な症状としましては、
食後の2〜3時間で起こる胸焼けがあります。

 

 

それ以外にも、げっぷや胸の痛み、つかえた感や、
ぜんそくに似たせきなどの症状があります。

 

 

逆流性食道炎の原因としましては、
食生活の欧米にによります、脂肪を取る量の増加などで、
胃酸が出すぎることで、起こることがありあます。

 

 

高齢者に多い症状ですが、
食道から胃へ、食物を送り込む機能の低下によるものがあります。

 

 

食物を送り込む機能が低下しますと、
逆流した食物が、食道内に長くとどまりまして、
その部分に炎症を起こすのです。

 

 

食道から胃の入り口には、
下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)があって、
通常はこの筋肉が、胃からの逆流が無いようにしています。

 

 

ですが肥満や加齢によって、この筋肉が緩んできまして、
胃酸などが逆流をしやすくなります。

 

 

逆流性食道炎の治療方法としましては、
胃酸の分泌を抑える薬を使用しますが、
逆流性食道炎の大半の症状が改善されるのです。

 

 

それ以外にも、食生活を含めたライフスタイルの改善も、
重要なことです。

 

 

逆流性食道炎で食道が狭くなってる場合には、
内視鏡を使って食道を拡げたり、
重症の場合には手術をすることもあります。

 

 

また食物を送り込む機能の低下が、原因の場合の時には、
薬によって機能の改善をしていきます。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集