胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんを手術する方法とは?

胃がんを、手術する方法は、いろいろあるのですが、
胃がんの、状態のよって、どのような手術が、
おこなわれるのでしょうね。

 

 

そこで、胃がんの手術が、どのようなものか、
しらべてみましたので、発表します。

 

 

胃がんを手術する、方法の決め方は、
前に説明しました、胃がんの深さと、
リンパ節に転移が、どの程度あるのかで、決まります。

 

 

早期がんで、リンパ節に転移も無く、文化型のがんであれば、
胃カメラを、使用しまして、おなかを切らなくても、
胃がんを、取り除くことが、出来るのです。

 

 

早期がんでも、がんの大きさや、深さによっては、
おなかを切って、手術することになります。
ですがこの場合は、通常よりも、小さく切ることが多いのです。

 

 

この場合は、腹腔鏡下(ふくくうきょうか)手術、と言います、
方法で、手術されることが、多いのです。

 

 

この方法は、お腹に小さく、6か所穴を開けまして、
お腹にカメラをいれまして、その画像を見ながら、
専用の器具で、手術をする方法なのです。

 

 

進行がんでも、進行の程度が軽い場合は、この方法を、
使う時もありますが、進行がんでは、お腹をあけて、
手術をする、開腹手術が、メインとなるのです。

 

 

さらに、進行していきますと、胃を切る大きさが、
大きくなったり、胃を全て取り除いたりするのです。

 

 

他の臓器に、転移していますと、可能な限りは、
取り除きますが、とりきれない場合や、
再発の、可能性がある場合には、抗がん剤を使用します。

 

 

私の場合は、転移の可能性は、低かったのですが、
胃がんが、かなり深いところまで、進行していましたので、
1年間は、飲み薬の抗がん剤を、使用しました。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集