胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんが完治しなくてもする手術とは?

胃がんの手術をするといえば、
治る見込みがあるからだと、思われますよね。

 

 

ですが、治る見込みがほぼ無くても、
手術をおこなうことがあるのです。

 

 

ではどのような時に、治る可能性が低いときにでも、
手術をするのでしょうか。

 

 

そこで、どのような時に、治る可能性が低いときにでも、
手術をするのかをしらべて見ました。

 

 

治る見込みのない場合とは、転移などで他の臓器に移ってしまい、
手術をおこなってもがんが取りきれない場合なのです。

 

 

がんが取りきれないのに、どうして手術をするのかといいますと、
手術をしまして、痛みなどの症状がすこしでもやわらぐ場合なのです。

 

 

また、胃がんの出来る場所によりましては、
食べ物が通らなくなったりしますので、
食べ物の通りを良くするのにも、手術をおこなうのです。

 

 

あとは、がんを出来るだけ切り取っておきまして、
残ったがんは、抗がん剤などで治療するばあいがあるのです。

 

 

このように、完全に治る見込みが無くても、
状況によっては、手術をすることがあるのですね。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集