胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんの放射線療法とは?

胃がん以外にも、がんの治療と聞きますと、
放射線療法を思いつくかもしれませんね。

 

 

ですが、胃がんと放射線療法の関係は、
よくわかりませんよね。

 

 

そこで、胃がんを治療と放射線療法の関係を、
調べてみましたので発表します。

 

 

まず放射線とは、細胞のDNAを壊しまして、
分裂できないようにします。

 

 

ですが人間の臓器や細胞組織は、
放射線の影響を受けやすいものばかりで、
構成されているわけではないのです。

 

 

胃や胃がんの細胞組織は、
放射線の影響を受けにくい、臓器や細胞組織です。

 

 

胃がん・大腸がん・乳がんは、腺がんといわれるのですが、
この腺がんは放射線の影響を受けにくいのです。

 

 

ただし乳がんは、多くの放射線を照射すれば
治療をすることができます。

 

 

胃がん・大腸がんは、多くの放射線を照射しましたら、
がんが治るよりも先に、放射線での障害が出てしまうので、
放射線療法は使うことができないのです。

 

 

胃がんの治療で、放射線療法を使用するときがありまして、
それは脳や骨などに転移したときで、転移したところが、
放射線の影響を受けやすいときなのです。

 

事項では、放射線療法に効果のあるがんについて、
調べたものを発表します。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集