胃の不調で、お悩みの方へ

がんの放射線療法で注意することは?

前の項目では、放射線療法で効果的ながんを発表しました。

 

 

ですが放射線療法は良いことばかりなのか、
デメリットはないのか、心配ですよね。

 

 

そこでこの項目では放射線療法の、
メリットとデメリットを発表します。

 

 

放射線療法のメリットは、身体にメスを入れる手術に比べて、
患者さんへの負担が少なくてすみます。

 

 

また、化学療法と比べましてもメリットがあります。

 

 

それは化学療法は全身治療ですので、全身への影響が心配ですが、
放射線療法は、患部に放射線を照射する局部治療なので、
全身への影響が少ないからなのです。

 

 

ただし、放射線治療にもデメリットがありまして、
メリットとデメリットを理解して、治療を受けることが大切です。

 

 

放射線療法のデメリットは、照射による副作用で、
照射直後に起こる急性期障害と、
1〜2年後に起こる晩期障害があります。

 

 

急性期障害とは照射による炎症で、皮膚では軽い火傷になります。
また、骨盤のなかに放射線を照射すると、
放射線に弱い腸が影響を受けて、下痢をすることがあります

 

 

一般的に急性期障害は一時的なもので、
時間の経過とともに、よくなっていくのが特徴です。

 

 

晩期障害では、放射線の照射量が多い場合に起こりまして、
血管が萎縮したり詰まったりします。

 

 

腸の血管がつまって潰瘍ができたり、
リンパ管では浮腫ができます。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集