胃の不調で、お悩みの方へ

がんとは、何なのでしょう?

胃がんに限らずに、人の体のいろいろな所にがんはできますが、
そもそもがんとは何なのでしょうね。

 

 

そこで、がんとはどういうものなのか、調べてみました。

 

 

はじめに、ヒトがどう作られているか考えますと、
ヒトは数多くの細胞が集まって、できています。

 

 

古くなった細胞は、体内から排出されますが、
同じ数だけ新しい細胞が生まれています。

 

 

古い細胞が新しくなるときに、
古い細胞の情報が新しい細胞に、コピーされるのです。

 

 

その時に古い細胞の情報が伝わらないで、
古い細胞とは違う細胞になることがあるのです。
これががん細胞のはじまりです。

 

 

通常はがんになった細胞の異常の修復や排除をしています。

 

 

修復や排除しきれなかったがん細胞が、
10〜20年ほどかかって、診断できるほどに成長します。

 

 

がんは癌と書かれることがありますが、
臓器の粘膜や、分泌物を出す腺などの細胞にできる物を、
癌腫(がんしゅ)といいます。

 

 

骨や筋肉などの組織に出来るのを、肉腫(にくしゅ)といいます。
血を造る器官に、できるものを造血器がんと言います。

 

 

がんと癌とは、違いがあるのでしょうか。

 

 

癌とは癌腫ときのみに使用しまして、、
肉腫や造血器がんなども含める場合には、がんとあらわします。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集