胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんとは、どのようなものでしょうか?

がんとは、どのようなものであるのかは、
おわかりいただけたと、思いますが、
胃がんは、どのようなもなのでしょうね。

 

 

そこで胃がんについて、詳しく調べてみましたので、
発表したいと思います。

 

 

胃がんは、がん細胞の育ち方から、
限局タイプと、浸潤(しんじゅん)タイプというものに、
わかれるのです。

 

 

限局タイプといいますのは、
がん細胞がひとつの場所にかたまって、
胃の中に突き出るように、育っていくのです。

 

 

浸潤タイプといいますのは、がん細胞が、
正常な細胞にばらばらに入り込んで、育っていくのです。

 

 

そのために限局タイプでは、がんの境目がわかりやすく
浸潤タイプでは、がんの境目がはっきりとしないのです。

 

 

次にがん細胞の増え方で、2つの分け方が、あるのです。

 

 

ひとつは胃がんの細胞が、正常な細胞と、
同じような形と並び方をしていて、
細胞の増え方も、正常な細胞とにているのです。

 

 

このような胃がんを、文化型胃がんというのです。

 

 

もうひとつは、胃がんの細胞が正常な細胞と比べて、
形がくずれていて、細胞の増え方も、
正常な細胞と違い不規則なのです。

 

 

このような胃がんを、未文化型胃がんといいます。

 

 

そして限局タイプには文化型がんが多く
浸潤タイプには未文化型がんが多いのが、
これまでのデータなどで、わかっているのです。

 

 

全てでは、ありませんが、一般的には、
未文化型がんの方が、悪性度は高いと、いわれているのです。

 

 

 

 

文化型がんと、未文化型がんのイラスト


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集