胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん特有の、症状とは?

胃がんの治療で大切なことは、早期発見なのですが、
胃がん特有の症状とは、どのようなものなのでしょうか?

 

 

実は胃がんの早期がんでは、症状がない事がほとんどです。
進行する間に症状はいろいろと出てきます。

 

 

早期胃がんでは、胃の不快感や胃もたれ、
軽い胸焼けが起こることもありますが、
これは、胃がん自体に原因があるのではないのです。

 

 

胃がんが原因で発症する、
胃炎や胃潰瘍が原因でおこる症状です。

 

 

胃がんが進行していきますと、
なんとなく調子が悪い程度の症状から、重くなっていきます

 

 

それは胃の働きが悪くなってくるからなのですが、
食欲が低下し、体重も減少していくのです。

 

 

更に進行していきますと、
がんが原因で、食べ物の通りが悪くなっていきます。

 

 

胃がんの症状としましては、食べたときに詰まった感じがする。
胸焼けやげっぷがよく出る。吐き気や嘔吐もあります。

 

 

下痢が続くこともありますが、
これは胃の粘膜の広範囲に、がんが広がった為に、
胃液の分泌が減って、消化不良になるからなのです。

 

 

逆に便秘になることが、ありますが、
これは食欲が無くなって、
食べる量や水分が不足することで、おこることです。

 

 

結果、胃がんがかなり進行しても
胃がん特有の症状はほとんどないのです。

 

 

ですので、胃がんを早期に発見するには、
定期的な胃がん検診を受けることが重要です。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集