胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんの生存率とはどういう意味なのでしょう?

胃がんの生存率と言うのは、聞いたことがありますよね。
ですが生存率と言うのが、どのような物なのか分かりにくいですよね。
そこで胃がんの生存率について、調査した結果を公開します。

 

 

胃がんの生存率は、よく5年生存率で表されているのです。
5年生存率とは、胃がんの治療を受けた患者さんのうち
5年後に生存している人数がどれだけいるか、ということなのです。

 

 

胃がんの生存率が、どうして5年生存率なのでしょうね。
それは胃がんの再発は、治療後1〜2年以内に起こることが多く
以降は徐々に減っていくからなんです。

 

 

再発とは、治療したがんと同じがん細胞が原因で、
治療後に再びがんが出来ることです。

 

 

胃がんの治療後の、5年以上たってからの再発は、
さらに少なくなるために、
治療後に5年生存することを、完治の目安としています。

 

 

胃がんに限らずがんの生存率は、色々な所から発表されています。
国立がん研究センター発表では、5年生存率は71.4%です。

 

 

これは早期がんも、かなり悪化した進行がんも含めた平均です。
胃がんの進行具合に対する、生存率については、
次の項目で発表します。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集