胃の不調で、お悩みの方へ

病気以外の胃の痛みとは?

多くの人は胃が痛いと、何かの胃の病気であると考えませんか。
もちろん私自身もそうでしたが、
病気ではなくても胃が痛くなることはあるようです。

 

 

それがどのようなことかと言いますと、
胃の病気ではなくとも、
胃の動きが悪いと、胃が痛むことがあるのです。

 

 

胃は筋肉でできた臓器でして、
食べ物が入ってくると胃底部がゆるんで、
たくさん食べられるようになっているのです。

 

 

なかには胃底部がゆるみにくい体質の人がいまして、
食べすぎると胃がふくらまないで痛みます。

 

 

また胃底部がゆるみましても、
胃で消化されたものが腸に送られるときに、

 

 

胃の動きが低下していてスムーズに流れないと、
胃がふくらんで痛むのです。

 

 

胃は自律神経で動いています
ですので自律神経で胃の動きを調節しています。

 

 

精神的なトラブルや過度の緊張などで、
自律神経にストレスがかかりましたり、

 

食べすぎや刺激物のとりすぎなどで、胃に負担がかかると、
胃のはたらきが悪くなってしまいます。

 

 

この状態を機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)といいます。

 

 

病気ではなくてもいた痛むときは、食べすぎないことや、
よくかんでゆっくりと食べることが大切なのです。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集