胃の不調で、お悩みの方へ

腹痛と感染症とは?胃は関係ある?

さきほどの項目では、
胃痛と腹痛と間違うことがあるといいましたが、
腹痛がおこる原因として感染症があります。

 

 

腹痛の原因としては、急性腸炎があるのですが、
食中毒の場合もありますが、
ひとからうつってくる場合もあります。

 

 

そこでどのうにしてうつってくるのか、
どのようにして防止をするのかを調べてみました。

 

 

冬場に多いのは、ロタウイルスやノロウイルスなどの、
ウイルス性腸炎です。

 

 

症状が非常に激しく、家庭内でもうつりやすいので、
注意が必要なのです。

 

 

吐き気をもおおした場合には、トイレなどに行くまでに、
がまんができなくて吐いてしまうことが多く、
その処理をすることでうつってしまうことも多いのです。

 

 

トイレや風呂など共有している部分を使用するときは、
風呂は感染者が最後に入ったり、触った所はふき取ったり、
手を石鹸でよく洗ったりしましょう。

 

 

特に手洗いは指の間やつめの間などを、
時間をかけて念入りに洗いましょう。

 

 

夏場に多いのは、腸炎ブリオ菌などの細菌性腸炎です。

 

 

現代では冷蔵庫があたりまえにありますが、
冷蔵庫に詰め込みすぎますと温度があがってしまい
刺身などで細菌が繁殖をする場合があります。

 

 

また、包丁やまな板の使用後に熱湯消毒をしないと、
細菌が繁殖をしてしまいます。

 

 

近頃は抗菌されているものもありますが、
思わぬ落とし穴もありますので、
ふだんの生活を再点検することも大切です。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集