胃の不調で、お悩みの方へ

胃の病気?口角の水泡や炎症の原因は?

よく口の周りに水泡や炎症がおこりますと、
胃の調子が悪いからだと言われますよね。

 

 

私自身もそうだと思っていましたが、
胃の不調以外の原因の場合はあるのでしょうか。

 

 

そこでどのような場合に、
口のまわりが荒れるのかを調べてみました。

 

 

口角の唇の粘膜と皮膚との境目のあたりに、
ぶどうの房のように米粒の半分くらいの大きさの、
水泡ができる場合があります。

 

 

この場合は、口唇ヘルペスが考えられまして、
単純ヘルペスウィルス(T型)の感染が原因で、
口のまわりに水泡ができる病気なのです。

 

 

単純ヘルペスウィルスはほとんどの場合、
10歳未満の子供のときに家族や友達などからうつって

 

 

三叉(みつまた)神経節と言う部分に住み着いて、
無症状のまますごします。

 

 

思春期を過ぎたころから、風邪をひいて疲れたときや、
紫外線を大量に浴びたときになどに、
抵抗力が低下しますと、症状があらわれるのです。

 

 

水泡は5日ほどで乾いてかさぶた状になって、
放置していても2週間ほどで自然におさまりますが、
早く治したい場合は皮膚科に行きましょう。

 

 

ウィルス感染が原因なので、完全には治りませんが、
塗り薬や飲み薬で症状を軽くすることができます。

 

 

再発を繰り返すときは、
前兆として皮膚にピリピリとした痛みが出たときに、
早めに薬を使いますと、水疱が出るのを防げることもあります。

 

 

唇に水泡がない場合は口角炎の可能性があります。

 

 

細菌やカンジダ、抗生物質やステロイドを長く使用したり、
ビタミンB群の不足などが原因で、口角が荒れるもので、

 

 

原因を明らかにして的確に治療を受けるためにも、
皮膚科の受診は大切なのです。

 

 

このように胃の調子が悪いときも抵抗力が低下しまして、
水泡などができる事はありますが、
胃の不調だけが原因とはかぎらないのです。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集