胃の不調で、お悩みの方へ

胃痛と下痢(黄色ブドウ球菌)

・黄色ブドウ球菌

 

 

黄色ブドウ球菌は、普段から人や動物の皮膚にいるですが、
黄色ブドウ球菌が食品中に入ると、毒素を作るのです。

 

 

特に傷口や化膿部分には、黄色ブドウ球菌が多いので気をつけて、
効果的に予防ができる、手袋などをしましょう。

 

 

菌そのものは熱に弱いでのすが、菌が作る毒素は、
100度で30分間の加熱でも消えないほど、毒素が熱に強く、
一度毒素ができてしまうと、加熱しても食中毒は防げません。

 

 

10℃以下の温度では、毒素を作ることができないので、
冷蔵保存が有効になります。

 

 

黄色ブドウ球菌の潜伏期間は1〜5時間で、
平均すると3時間になります。

 

 

黄色ブドウ球菌の症状としては、
吐き気・嘔吐・腹痛・下痢があります。

 

 

黄色ブドウ球菌に感染する原因としては、
おにぎり・弁当・調理パン・菓子類などがあります。

 

 

 


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集