胃の不調で、お悩みの方へ

胃痛と下痢(腸炎ビブリオ)

前に続いて、細菌の種類と食中毒の症状の説明です。

 

 

・腸炎ビブリオ

 

 

腸炎ビブリオの、1年で発生が多くなるのは、
6月〜10月です。

 

 

腸炎ビブリオは、塩分を好み水道水では繁殖できなくて、
塩分が2〜4%の時によく発育・繁殖します。

 

 

また、大腸菌などの腸内細菌のものに比べまして、
増殖(細胞分裂)するスピードが非常に早く
37℃では8〜10分ごとに分裂するのです。

 

 

腸炎ビブリオの発病までの時間は、
平均10〜24時間といわれています。

 

 

腸炎ビブリオの症状としては、
お腹のへそより上の部分の不快感で始まることが多く、
38度程度の熱・腹痛・激しい下痢・吐嘔が起こります。

 

 

 

腸炎ビブリオに感染する原因としては、
夏期に沿岸で獲れた魚介類・さしみなどがあります。

 

 


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集