胃の不調で、お悩みの方へ

胃痛と下痢(食中毒の予防と対策)

前までの項目までは、胃が痛くて下痢もあるときに、
細菌やウィルスによる食中毒の場合があり、
その種類と症状の説明をしました。

 

 

それでは食中毒にならないようにするには、
そうすればよいのでしょうか。

 

 

またどんなに予防をしましても、
食中毒になる可能性をゼロにするのは難しいことは、
ご理解いただけると思います。

 

 

では食中毒かもしれないと感じましたら、
どのように対処をすればいいのでしょう。

 

 

そこで食中毒の予防と対策を、
調べたものを発表します。

 

 

○食品をより安全にする5つのポイント

 

その1:清潔にする
その2:生の食品と加熱済みの食品とを区別する
その3:よく加熱して生焼けに注意する
その4:安全な温度に保つ
その5:安全な水と原材料を使う

 

 

・基本の手洗いを大切に

 

 

手は色々な所をさわりますので、さまざまな雑菌がついています
食中毒の原因になる菌が食べ物に付かないように、
料理の前には必ず手を洗いましょう

 

 

手に付きました細菌やウイルスは、
水で洗うだけでは十分に取り除けないのです。

 

 

指の間や爪の中手首の方まで、
念入りにせっけんを使って丁寧に洗いましょう

 

 

・保存をする時は冷蔵庫で

 

 

細菌の多くは高温多湿なところで、よく増殖しますが、
逆に10度以下ではゆっくりと増殖するのです。
そしてマイナス15度以下では増殖が止まるのです。

 

 

つまり、食べ物に付着した菌を増やさないためには、
低温で保存することがとても重要になるのです。

 

 

食品は購入しましたら、
できるだけ早く冷蔵庫に入れるようにしましょう。

 

 

ですが冷蔵庫に入れても、細菌はゆっくりと増殖しますので、
冷蔵庫を信用しすぎないで、に早めに食べることが大事です。

 

 

胃痛と下痢(食中毒の予防と対策)2


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集