胃の不調で、お悩みの方へ

胃痛と下痢(ロタウイルス)

・ロタウイルス

 

 

ロタウィルスは、冬場に乳幼児が下痢になる原因のウイルスです。

 

 

ロタウイルスによる下痢症は全世界で発生していますが、
栄養状態の悪い熱帯地方の発展途上国では、
乳幼児が死亡する重要な原因の一つにもなっているのです。

 

 

生後4ヶ月から2歳位までの乳幼児に多く発症して、
突然の嘔吐から始まり、水状の下痢がみられます。

 

 

下痢便の色は米のトギ汁様の白色または黄白色になることが多く、
白色便下痢症と呼ばれることもあります。

 

 

1週間程度で良くなりますが、
脱水症状になりやすいので注意が必要です。

 

 

ロタウイルスの潜伏期間は1日から2日程度です。

 

 

ロタウイルスの症状としては、激しい下痢と嘔吐を繰り返します。
感染初期には発熱することもあります

 

 

嘔吐は2〜3日、下痢は1週間から10日程継続しますが、
重症化すると更に長引くこともあります。

 

 

ロタウィルス感染する原因としては、
主に食材や飲料水などからの口からのもの、
感染患者の出す便や嘔吐物に接触することによる感染です。

 

 

食材としてはシジミ・アサリ・かきなどの、
二枚貝に多く含まれていると言われています。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集