胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん検査とは?

胃がんの検査をする方法とは、
どのようなものがあるのでしょうね。

 

 

そこで、胃がんの検査をする方法を、
実際に私が受けた感想とともに
お伝えしたいとおもいます。

 

 

胃がんを発見す検査方としましては、
内視鏡検査と言いまして、胃カメラとも言うのですが、
直接胃の内部を見る検査になります。

 

 

胃カメラは、口からか鼻からか2通りの方法がありますが、
胃がんのあるかないかを調べる場合には、
鼻から入れる方が楽にできます。

 

 

口からの検査では、のどに麻酔はするのですが、
胃カメラを口からいれますと、
のどのあたりでどうしてもえずいてしまいます

 

 

実際に私も、どちらの方法の検査もしましたが、
はじめての場合は、鼻からのほうがはるかに楽でした。

 

 

バリウム検査と言うものもありますが、
バリウムは飲むのがたいへんだったり、
検査後の排便で便秘になって、苦しいことがあります

 

 

ですので、健康診断以外で個人で受診する場合は、
胃カメラのほうが楽ではないでしょうか。

 

 

それに、がんを発見できる確率も
胃カメラのほうがよい結果になります。

 

 

はじめにも書きましたが、一度は検査を受けてください
結果が何も悪くなければそれでいいのです。

 

 

検査とは異常を発見するためのものですが、がんの検査とは、
がんが無いことを確認するためのものであると、私は思います。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集