胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に気をつけることは?

胃がん手術後に気をつけることは?記事一覧

胃がん手術後に気をつけることは?

胃がんが見つかりまして、手術をしましたら、回復するまでの間は、色々と不安なことがありますよね?そこで、胃がんの手術のあとには、どのような合併症があるのかを、調べてみました。まずは胃がんの手術のあとに、合併症になりやすい人は、どのような人がいるのでしょう。それは、高齢者・栄養状態の悪い人・呼吸器の病気...

≫続きを読む

 

胃がん手術入院前に確認しておきたいことは?

さきほどの項目では、入院するまでに、疑問や問題点を、整理しておくと言う事を言いました。それでは残された家族は、患者本人が入院や治療中は、どのようにしていけばいいのでしょうか。家族構成や、誰が入院するかによっては、役割も違うと思いますが、私の経験も入れながら、お話したいと思います。家族が入院して家を不...

≫続きを読む

 

胃がん手術後の出血とは?

胃がんの手術をしました後は、通常でも縫い合わせた部分の出血が、完全に止まるのには、少し時間がかかる場合があります。この程度であれば問題はありませんが、大量に出血があったり、出血が長く続くときには、異常な術後出血ですので、処置をする必要があります。他にも、胃がんの手術で残った胃に、潰瘍ができて出血をす...

≫続きを読む

 

胃がん手術後の縫合不全とは?

術後縫合不全と言いますのは、手術で縫いましたところが、うまくくっつかない状態のことです。どうして縫合不全がおこるのかと言いますと、栄養状態が悪い場合ですとか、糖尿病の方や、縫合部の血行が悪かったり、感染もおこります。医者の縫合ミスが、原因の場合もありますが、可能性としては低いのです。縫合不全が疑われ...

≫続きを読む

 

胃がん手術後のすい液ろうとは?

すい液ろうとは、胃がんの手術で胃を切ったあとに、すい臓からすい液がもれて炎症を起こすことです。がんの進行度が進んでいきますと、リンパ節を取り除く範囲が広がっていきますので、すい臓を痛めてしまう場合があります。そうなりますと、すい臓からすい液がもれてしまうことがあるのです。すい液ろうの症状としましては...

≫続きを読む

 

胃がん手術後の肺合併症とは?

全身麻酔で行う手術では、気管支に痰などがつまり、肺の一部が働かなくなる無気肺や、肺に痰などが溜まって、炎症が起こる誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)。更に、肺に水がたまります肺水腫や、静脈に血栓が出来て、肺につまる肺塞栓(はいそくせん)などが、発生しやすくなります。術後肺合併症は、高齢者の人や病気を持...

≫続きを読む

 

胃がん手術後の乏尿(ぼうにょう)や、無尿とは?

術後の乏尿(ぼうにょう)や、無尿と言うのは、手術の影響で、尿を作るホルモンの分泌異常などが原因で、尿が極端に少なくなったり、全く出なくなったりすることです。腎臓の機能が低下をします、腎不全によって、起こることがあります。術後の乏尿や、無尿の症状としましては、尿量が少ない乏尿や、ほとんどでなかったり、...

≫続きを読む

 

胃がん手術後の術後腸管マヒ、腸閉塞とは?

術後腸管マヒと言いますのは、手術の影響で、腸がマヒをして起こる早期のものです。腸閉塞と言いますのは、手術の影響により、腸の癒着が原因で、手術後の数日以上たってから起こります。術後腸管マヒや、腸閉塞の症状としまして、最初に起こるのは、突然のさす様な腹痛です。またお腹が張ってきたり、おう吐や排便・排ガス...

≫続きを読む

 

胃がん手術後の合併症を予防するために、出来ることは?

先ほどは、患者自身の協力で防げる、手術後の合併症があると、説明しました。どの様な方法で、どの様な合併症を防げるのか、私の経験も交えながら説明します。胃がんの、術後合併症を予防するために、患者自身がしますことは、痰(たん)だし・腹式呼吸・座位や早期離床があります。複式呼吸をすることによって、肺の動や血...

≫続きを読む

 

 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集