胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に気をつけることは?

胃がんが見つかりまして、手術をしましたら、
回復するまでの間は、色々と不安なことがありますよね?

 

 

そこで、胃がんの手術のあとには、
どのような合併症があるのかを、調べてみました。

 

 

まずは胃がんの手術のあとに、合併症になりやすい人は、
どのような人がいるのでしょう。

 

 

それは、高齢者・栄養状態の悪い人・呼吸器の病気のある人・
心臓病・肝臓病・腎臓病・糖尿病の人・肥満の人・
長期にわたって、ステロイド薬を飲んでいる人などです。

 

 

胃がんの手術後の合併症の中でも、患者自身が協力することで、
術後肺合併症・術後縫合不全・腸閉塞など、
防げるものもあります

 

 

患者自身が予防をしていましても、合併症はおこりますが、
何もしない場合よりは、確実になりにくくなりますので、
経験上でもつらかったですが、必ず実践しましょう。

 

 

患者自身がおこなう、予防につきましては、
別の項目で、説明します。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集