胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後の乏尿(ぼうにょう)や、無尿とは?

術後の乏尿(ぼうにょう)や、無尿と言うのは、
手術の影響で、尿を作るホルモンの分泌異常などが原因で、
尿が極端に少なくなったり、全く出なくなったりすることです。

 

 

腎臓の機能が低下をします、腎不全によって、
起こることがあります。

 

 

術後の乏尿や、無尿の症状としましては、
尿量が少ない乏尿や、ほとんどでなかったり、
全くでない、無尿という症状があります。

 

 

どのような状態が、乏尿・無尿かわかりにくいと思いますので、
乏尿・無尿がとのようなものかを、説明しますね。

 

 

通常は、1日に出る尿の量は500〜2000mlなのです。

 

 

それが1日に400ml以下になるとと乏尿といい、
さらに少なくなって、1日に50〜100ml以下になると無尿といいます。

 

 

術後の乏尿・無尿の対処方法としましては、
点滴などで水分や電解質などを補います。

 

腎不全が原因の場合には、腎不全の治療を行います。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集