胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に起こる問題とは?

胃がん手術後に起こる問題とは?記事一覧

胃がん手術後に起こる問題とは?

退院直後は、体力が低下しているのは、お分かりになると思いますが、その事で、生活に支障がでないか、不安はありますよね。更には、胃の手術をしたことが原因で、他の病気などにならないか、心配なことでしょう。そこで、手術後に起こるさまざまな症状を、調べてみましたので、発表します。

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(ダンピング症候群)

胃がん手術後に起こる症状で、ダンピング症候群とは?早期にあらわれるものとしては、ダンピング症候群と言うものが、あります。これは胃が小さくなったり、無くなったりすることで、食べ物が急激に腸のほうへ流れてしまう事でおこります。食後5〜30分でおこる症状を、早期ダンピング症候群と言い、冷や汗・動悸・めまい...

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(下痢)

胃がん手術後に起こる症状で、下痢とは?胃を切っことの影響で、手術後の1〜2ヵ月後に患者さんの約10%が、下痢になることがあるのです。胃の手術後に下痢になる原因としては、食べ物が一度に小腸に流れ込みまして、神経反射や腸の運動が過剰になって起こります。一時的に、過敏性腸症候群になることもあります。たんぱ...

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(げっぷ・おなら)

胃がん手術後に起こる症状で、げっぷやおならとは?胃の手術をしますと、手術の前よりも、げっぷやおならが、頻繁に出るようになることがあります。手術後のげっぷの原因ですが、げっぷは、手術で胃が小さくなったことで、起こります。手術後の、おならの原因は、食事や会話のときに、無意識に空気を飲み込むことで、頻繁に...

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(貧血)

胃がん手術後に起こる症状で、貧血とは?胃の手術をしましたら、今までにあまり貧血にならなくても、、手術後は貧血になりやすくなります。貧血の症状としましては、動悸や息切れ、めまい、疲れやすさ、などがあります。胃の手術をした2〜3ヶ月から起こりやすく、胃を部分的に切り取った人の、約30%の人や、胃をすべて...

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(牛乳不耐症)

胃がん手術後に起こる症状で、牛乳不耐症とは?牛乳不耐症といいますのは、胃の手術後に、牛乳を飲みますとお腹がゴロゴロしたり、お腹が痛くなったり、下痢になったりすることです。胃を切除をした人の10〜15%にみられまして、手術をした後の1〜3ヶ月ごろにあらわれます。牛乳不対象の原因としては、胃を切ったこと...

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(栄養障害)

胃がん手術後に起こる症状で、栄養障害とは?胃の手術におこります、栄養障害の症状は、次のようなものがあります。体力が回復しない、下痢、白っぽい便が出る(脂肪便)、体重が減る、たんぱく質が減りまして体がむくむ(低たんぱく血症)、貧血など、栄養不足の状態の全般がみられます。どちらかといいますと、高齢者にお...

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(逆流性食道炎)

胃がん手術後に起こる症状で、逆流性食道炎とは?逆流性食道炎の症状としましては、食後の胸焼け・むかつき・みぞおちの痛みなど、通常の逆流性食道炎と同じです。ここでは、胃を切ったことで起こります、逆流性食道炎について、説明します。胃を手術した後の1〜6ヵ月で、逆流性食道炎の症状が、あらわれます。胃の手術後...

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(逆流性胃炎)

胃がん手術後に起こる症状で逆流性胃炎とは?逆流性胃炎の症状としましては、お腹の上のほうの不快感や、胸焼けなどがありまして、空腹時におこりやすいのです。逆流性胃炎の原因としましては、胆汁などの消化液が、胃に逆流することで起こります。また胃がんなどを切除をする手術で、幽門部を切り取りますと、胃の出口を、...

≫続きを読む

 

胃がん手術後に起こる症状(胃切除後胆石)

胃がん手術後に起こる症状で胃切除後胆石とは?胃切除後胆石とは、手術で胃を切ったことによって、胆石ができることで、強い痛みがあります。胃切除後胆石の原因としましては、胃がんなどで、胃を切り取りましたときに、胆のうの神経が切れてしまうことがあります。そうなりますと、結石ができやすくなるのです。胃がんの進...

≫続きを読む

 

 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集