胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に起こる症状(胃切除後胆石)

胃がん手術後に起こる症状で胃切除後胆石とは?

 

 

胃切除後胆石とは、手術で胃を切ったことによって
胆石ができることで、強い痛みがあります。

 

 

胃切除後胆石の原因としましては、
胃がんなどで、胃を切り取りましたときに、
胆のうの神経が切れてしまうことがあります。

 

 

そうなりますと、結石ができやすくなるのです。

 

 

胃がんの進行具合のよって、
リンパ節を切り取る範囲が、広範囲になるほど、
胆のうの神経を、傷つけやすくなるのです。

 

 

胃切除後胆石になる人の割合は、
胃を切った後の人の10〜20%ほどで、
手術後の3年以内に、起こることが多いのです。

 

 

胃切除後胆石の、対処方法としましては、
症状が出ましたら、胆のうを摘出します。

 

 

また、胃がんの手術をするときに、胃がんの進行具合によって、
リンパ節を切除するときに、胆のうを傷つける可能性がある時は、
胃がんの手術のときに、胆のうも切り取ることがあります。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集