胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に起こる症状(ダンピング症候群)

胃がん手術後に起こる症状で、ダンピング症候群とは?

 

 

早期にあらわれるものとしては、
ダンピング症候群と言うものが、あります。

 

 

これは胃が小さくなったり、無くなったりすることで、
食べ物が急激に腸のほうへ流れてしまう事でおこります。

 

 

食後5〜30分でおこる症状を、早期ダンピング症候群と言い、
冷や汗・動悸・めまい・しびれ・だるさや、腹痛や下痢・
吐き気・嘔吐・お腹がはった感じ
などの症状がおこります。

 

 

食後2〜3時間でおこる症状を、晩期ダンピング症候群と言い、
頭痛・だるさ・発汗・めまい、脈や呼吸がはやくなると言う、
症状がおこります。

 

 

この場合は血糖値が下がりやすくなるので、
糖分を含んだあめやチョコレートなどを食べます。
あめはブドウ糖のあめが効果的です。

 

 

手術で噴門部を切りとりますと、
食べ物が、食道に逆流しやすくなるために、
逆流性食道炎になりやすくなります。

 

 

また、幽門部を切りとりますと、
胆汁や消化液が胃のほうへ逆流しまして、
逆流性胃炎になりやすくなります。

 

 

どの症状でもゆっくりとよく噛んで食べたり、
食後はすぐに横にならないなど、
少しでも症状が出ないように気をつけましょう。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集