胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に起こる症状(下痢)

胃がん手術後に起こる症状で、下痢とは?

 

 

胃を切っことの影響で、
手術後の1〜2ヵ月後に患者さんの約10%が、
下痢になることがあるのです。

 

 

胃の手術後に下痢になる原因としては、
食べ物が一度に小腸に流れ込みまして、
神経反射や腸の運動が過剰になって起こります。

 

 

一時的に、過敏性腸症候群になることもあります。

 

 

たんぱく質や脂肪の吸収力が低下なども、一因であります。

 

 

下痢の対処方法としましては、
栄養分の高い食事を、少しずつ回数を多く食べます

 

 

水様便(ほとんど水分の便)のときは、病院で診断をしてもらい、
状態がひどいときには、消化剤や下痢止めを飲むように、
言われることもあります。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集