胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に起こる症状(牛乳不耐症)

胃がん手術後に起こる症状で、牛乳不耐症とは?

 

 

牛乳不耐症といいますのは、胃の手術後に、
牛乳を飲みますとお腹がゴロゴロしたり、
お腹が痛くなったり、下痢になったりすることです。

 

 

胃を切除をした人の10〜15%にみられまして、
手術をした後の1〜3ヶ月ごろにあらわれます。

 

 

牛乳不対象の原因としては、胃を切ったことで、
たんぱく質を分解や吸収力が低下します。

 

 

腸内の細菌のバランスがくずれることも、
原因のひとつではないかと、考えられています。

 

 

牛乳不耐症の対処方法としましては、乳製品を避けたり、
たんぱく質を分解する薬を、使用することがあります。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集