胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に起こる症状(逆流性食道炎)

胃がん手術後に起こる症状で、逆流性食道炎とは?

 

 

逆流性食道炎の症状としましては、
食後の胸焼け・むかつき・みぞおちの痛みなど、
通常の逆流性食道炎と同じです。

 

 

ここでは、胃を切ったことで起こります
逆流性食道炎について、説明します。

 

 

胃を手術した後の1〜6ヵ月で、
逆流性食道炎の症状が、あらわれます。

 

 

胃の手術後に逆流性食道炎になる原因としては、
噴門部を切除をしましたり、胃を全部取ったりしまして、
噴門部がなくなることで、食べ物が逆流しやすくなるためです。

 

 

胃の手術後の逆流性食道炎の対処方法としましては、
食後にすぐに横になったりしないことや、
夕食は寝る前の3時間前までに、すませることです。

 

 

それでも症状が良くならなかったり、
症状が強い場合には、薬を使用します。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集