胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後に起こる症状(逆流性胃炎)

胃がん手術後に起こる症状で逆流性胃炎とは?

 

 

逆流性胃炎の症状としましては、お腹の上のほうの不快感や、
胸焼けなどがありまして、空腹時におこりやすいのです。

 

 

逆流性胃炎の原因としましては、
胆汁などの消化液が、胃に逆流することで起こります。

 

 

また胃がんなどを切除をする手術で、幽門部を切り取りますと、
胃の出口を、閉めることができなくなりますので、
逆流性胃炎になりやくすなります。

 

 

胃酸が減ったことにより、胃内の細菌が増殖するこも、
原因ではないかと考えられています。

 

 

逆流性胃炎の対処方法としましては、
食後はすぐに横にならないことです。

 

 

また一般的な、胃炎を治療する薬を使って、
薬物療法がおこなわれるのです。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集