胃の不調で、お悩みの方へ

ピロリ菌ってなに?

ピロリ菌が、胃がんと関わりがあることは、
聞いたことがあるかもしれません。

 

 

どうして、胃がんとの関係があるのかよくわかりませんよね。

 

 

そこで、ピロリ菌とはどういうもので、
胃がんと、どういうふうに関係があるのかを、
しらべてみましたので、発表します。

 

 

そもそも、胃の中は強い胃酸によって、
細菌はいないであろうと、思われていました。

 

 

ところが、胃の粘膜に住み着いている細菌が、
いることがわかったのです。

 

 

それが、ピロリ菌なのですが、ピロリ菌が胃の中にいますと、、
胃炎や胃潰瘍の原因になりまして、
そのままにしていますと、慢性胃炎や胃潰瘍になります。

 

 

ピロリ菌が原因で、胃の粘膜が縮んで硬くなると、
胃がんになる可能性が高まるのです。

 

 

50歳以上の7割の人に、ピロリ菌がいると考えられています。

 

 

ピロリ菌がうつる経路は口からですが、
ピロリ菌を持っている人と、キスをした程度ではうつらないのです。

 

 

ピロリ菌は、成人してからはほとんどうつらないで、
幼少時に口移しで食べ物をもらったり、
上下水道の環境が悪かったりすると、うつりやすいのです。

 

 

ピロリ菌は、ないほうが胃がんになりにくいのですが、
除去をしても胃がんにならないわけではないのです。

 

 

ですが、胃がんになる可能性はかなりさがりますので、
除去をお勧めします。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集