胃の不調で、お悩みの方へ

ピロリ菌の検査方法とは?

さきほどの項目では、ピロリ菌のことを説明しましたが、
それでは自分自身にピロリ菌がいるのかを調べるのに、
どのような検査があるのか、ご存知でしょうか。

 

 

わたしも、ピロリ菌の名前は知っていましたが、
どのように検査をするのかは、わかっていませんでした。

 

 

そこで、ピロリ菌の検査が、どのようなものなのかを、
調べてみましたので発表します。

 

 

ピロリ菌の検査方法には、内視鏡(胃カメラ)を使うものと、
使わないものとがあります。

 

 

内視鏡を使わないほうが、苦痛を感じることは少ないですが、
費用が高くなったり、除菌の判定はできないなど、
一長一短があります。

 

 

そこで検査方法によって、費用がかかるのか、
判定に時間がかかるのか、除菌判定はどうなのかを、
表にまとめました。

 

 

検査    容易さ  判定時間  費用  初回検査  除菌判定 
内視鏡あり  培養法     ○     △     △     ◎     ○ 
内視鏡あり  組織鏡検法     ○     △     ×     ○     ○ 
内視鏡あり  迅速ウレアーゼ試験     ◎     ◎     ○     ◎     × 
内視鏡なし  抗体測定法     ◎    ◎〜○     ○     ◎     × 
内視鏡なし  尿素呼気試験     ◎     ◎     ×     ◎     ◎ 
内視鏡なし  便中抗原測定法     ◎    ◎〜○     △     ◎     ○ 

 

                 ◎・・・優良 ○・・・良好 △・・・平均 ×・・・劣っている

 

 

次からの項目では、内視鏡を使わない検査方法と、
内視鏡を使った検査方法を、紹介します。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集