胃の不調で、お悩みの方へ

内視鏡を使用したピロリ菌の検査方法とは?

○内視鏡を使う検査方法

 

内視鏡検査のときに、胃の一部を採取して調べる検査方法です。
内視鏡での検査で、明らかに陽性と診断された場合は、
ピロリ菌に感染している可能性が、たいへん高くなります

 

 

特に培養法の場合には、陽性の信頼性は100%です。
それは胃の粘膜を採取して、ピロリ菌自体を見つけるからです。、

 

 

ただしピロリ菌は、胃の粘膜全体にいるわけではないので、
採取した場所に、たまたまピロリ菌がいなかった場合もあるので、
陰性の場合には、間違った結果になることがあります。

 

 

ですので陰性の場合には、内視鏡を使わない検査方法と、
組み合わせて調べるのが、いいかもしれませんね。

 

 

また、組織を採取するときに、少量の出血がありますので、
血液がとまりにくい病気にかかっていたり、
血液をさらさらにする薬を、飲んでいる場合にはできません。

 

 

次の項目では、内視鏡を使った検査方法を調べましたので、
詳しく紹介をしていきます。

 


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集