胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん手術後の食事の基本とは?3

前項からの胃がんの手術後の食事のほうほうの続きです

 

 

・失敗を恐れずに

 

 

私も経験しましたが、胃がんの手術後は慎重でも、
じょじょになれてきますと、ついつい食べてしまい
食後に気分が悪くなったりします。

 

 

そうなるとそれからは、食べることに恐怖心がでまして
今の食べれる量から、かなり少ない分量になってしまいます。

 

 

どのくらいの量を食べたら、気分が悪くなったのかを振り返り、
次回の食事のめやすになるように、覚えておきましょう。

 

 

・おいしく楽しく食べます

 

 

胃がんの手術後は、食べることにたいして不安がありますが、
おいしいとおもって食べることが何より重要です。

 

 

家族や友人と同じ食卓を囲んで、自分の体調を考えながら、
同じ食事を食べるのもいいでしょう。

 

 

・便の状態で健康がわかります

 

 

便は体の中の状態を教えてくれるので、確認は大切です。
消化不良を起こしたり、油脂類が多すぎたときには、
下痢になったり嫌なにおいがしたり、白っぽかったりします。

 

 

日ごろから便の状態をよく観察しまして、
快便になるようにしましょう。

 

 

・悩まずに相談しましょう

 

 

なかなか食事の合った方法がわからない、
食後の不快感がよくならないのどの、食事で気になることは、
医師や管理栄養士や、病院のスタッフに相談しましょう

 

 

どのようにすれば改善できるかを、提案してもらえます。

胃がん手術後の食事の基本とは?3関連ページ

胃がん手術後の食事の基本とは?
胃がん手術後の食事の基本とは?2

 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集