胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんが再発するとは?

胃がんが再発するとは?記事一覧

胃がんが再発するとは?

再発とは、字の通りに再びがんができる事と言うのは、わかりますよね。でも胃がんの再発がどのようにしておこるのか、わかりにくいところもありますよね。そこで、再発がんとはどのようなものか、しらべて見ました。まずは、はじめにできましたがんのことを、どう言うとかといいますと、原発性(げんぱつせい)がんといいま...

≫続きを読む

 

胃がん再発の種類とは?

さきほどの項目では、手術で残した胃にがんが残っていて、再びがんができる再発と、がんが他の臓器に移って再発する、転移性の再発について説明しました。実は再発は、転移によるものが多くて、再発の仕方はどのような転移をするかによって、いくつかの種類があるのです。そこで、転移性の再発の種類を調べましたので発表し...

≫続きを読む

 

血行性転移とは?

胃がんの血行性転移とは、がん細胞が血管に入り込んで、血液の流れに乗って、遠くの臓器までたっして、そこで増殖します転移です。胃などのお腹の中(腹腔内)の臓器の血液は、一度肝臓に入ってから、心臓・肺の方へ流れます。ですので、胃がんの血行性転移は、初めに肝臓に転移をする事が多いのですが、肝臓を素通りして、...

≫続きを読む

 

リンパ行性転移とは?

胃がんのリンパ行性転移とは、がん細胞がリンパ管を通ってリンパ節に入り込み、そこで増殖をします転移です。胃がんは早期のものでも、リンパ節に転移を起こしていることがあります。リンパ行性転移の有無はCT検査で診断します。通常のリンパ節は小豆大程度なのですが、転移のあるリンパ節はもう少し大きいことが多いので...

≫続きを読む

 

腹膜播種転移とは?

胃がんの腹膜播種(はしゅ)転移とは、がんが進行していきまして、胃の外にまで出てきますと、がん細胞が腹腔内にこぼれて、腹膜に転移することがあります。このときに胃がんのがん細胞が、種を播(ま)くように散らばっていくことから、腹膜播種転移と呼ばれているのです。腹膜播種転移は、再発の中でも最も頻度が高く、恐...

≫続きを読む

 

再発・転移のこわさとは?

胃がんの再発・転移と聞いたときに、どのようなことを想像しますか。おそらくは、良くないほうに考える方のほうが、多いと思います。ではどうして良くないイメージなのでしょうか。そこで、再発・転移について調べましたので、発表したいと思います。再発や転移が見つかったとしても、完治する見込みが十分にあるのでしたら...

≫続きを読む

 

 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集