胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんが再発するとは?

再発とは、字の通りに再びがんができる事と言うのは、
わかりますよね。

 

 

でも胃がんの再発がどのようにしておこるのか、
わかりにくいところもありますよね。

 

 

そこで、再発がんとはどのようなものか、しらべて見ました。

 

 

まずは、はじめにできましたがんのことを、
どう言うとかといいますと、原発性(げんぱつせい)がんといいます。

 

 

胃がんの再発とは、切りとった胃の残りにがんが残っており、
再びがんが大きくなることや、転移していたがんが、
大きくなったりすることなのです。

 

 

この場合は、他の臓器に転移している場合でも、
がんは胃がんのがんですので、
治療の方法も胃がんの治療法となります。

 

 

それは、もともとが胃でできたがんのために、
たとえ肝臓で再発したとしても、
肝臓がんの治療の方法では効果が無いからなのです。

 

 

そして、このようにして転移してできましたがんを、
転移性がんと言うのです。

 

 

再発とは、もともとのがんと同じ性質のがんが、
再びできる事なのです。

 

 

ですので残りの胃に、ふたたび胃がんができたとしましても、
はじめの胃がんと違う性質のものであるなら、
再発とはいわないのです。

 

 

再発がんの場合は転移など、
広範囲に広がっていることも多いですので、
完治することが難しくなります。

 

 

ですが再発が見つかったとしても、早く見つけることができれば。
完治する可能性は高くなるので、
定期的に検査を受けるようにしたいものですね。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集