胃の不調で、お悩みの方へ

胃がん再発の種類とは?

さきほどの項目では、手術で残した胃にがんが残っていて、
再びがんができる再発と、がんが他の臓器に移って再発する、
転移性の再発について説明しました。

 

 

実は再発は、転移によるものが多くて、
再発の仕方はどのような転移をするかによって、
いくつかの種類があるのです。

 

 

そこで、転移性の再発の種類を調べましたので発表します。

 

 

まず、胃がんの転移の仕方は、
血行性転移・リンパ行性転移・腹膜播種(はしゅ)転移です。

 

 

再発の種類は、血行性転移再発(肝転移・肺転移・脳転移など)
リンパ行性転移再発(リンパ節転移)・腹膜播種転移再発
(ガン性腹膜炎)などがあります。

 

 

このように、再発の形式にはいろいろりますが、
胃がんの進行程度や、顕微鏡で見た形によって、
ある程度は、再発の形式は予測ができるのです。

 

 

次項からは、再発の形式別に、
どのようにして転移をするのかを、調べましたので発表します。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集