胃の不調で、お悩みの方へ

腹膜播種転移とは?

胃がんの腹膜播種(はしゅ)転移とは、
がんが進行していきまして、胃の外にまで出てきますと、
がん細胞が腹腔内にこぼれて、腹膜に転移することがあります。

 

 

このときに胃がんのがん細胞が、
種を播(ま)くように散らばっていくことから、
腹膜播種転移と呼ばれているのです。

 

 

腹膜播種転移は、再発の中でも最も頻度が高く、
恐ろしい腹膜再発の原因です。

 

 

早期の胃がんは、胃の内面の粘膜にとどまっていますが、
進行していくうちに、胃の表面(漿膜面)に出まして
そこから腹腔内に種を播くように転移します。

 

 

腹膜は腹腔内の臓器の表面をすべて覆っているので、
そこに転移すると、がんがいろいろな臓器に転移してしまいます。

 

 

小腸や大腸の表面に、播種したがんが増殖して大きくなると、
腸管圧迫して食べ物の通りが悪くなり、腸閉塞になります。

 

 

また、腹腔内で大量のがん細胞が増殖してくると、
腹水がたまって呼吸困難などの症状がでてきます

 

 

腹膜転移がありますと、ほとんどの場合手術で、
がんを取りきれないので、抗がん剤治療が標準治療になります。

 

 

腹膜転移の可能性がある場合には、治療のしかたを決めるのに、
腹腔鏡検査を受けて、直接おなかの中を観察して、
診断する場合もあります。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集