胃の不調で、お悩みの方へ

再発・転移のこわさとは?

胃がんの再発・転移と聞いたときに、
どのようなことを想像しますか。

 

 

おそらくは、良くないほうに考える方のほうが、
多いと思います。
ではどうして良くないイメージなのでしょうか。

 

 

そこで、再発・転移について調べましたので、
発表したいと思います。

 

 

再発や転移が見つかったとしても、
完治する見込みが十分にあるのでしたら
恐ろしいことは何も無いですよね。

 

 

ですが現実には、再発が見つかった場合には、
完全に治すことは、困難な場合の方が多いのです。

 

 

一方転移によるものの場合は、
完全に治すことができる場合もあります。

 

 

例えば、胃に沿って存在するリンパ節に転移した場合は、
完全に取り除くことができます。

 

 

しかし、大動脈周辺や頸部のリンパ節がある場合には、
これらを外科的に取り除くには困難です。

 

 

リンパ節転移で再発をすると、がん細胞のその数も多くて、
切除することは、必ずしも延命につながらないので行いません。

 

 

また肝転移や腹膜播種転移は、そのすべてをとるのは困難です。
それでは抗がん剤はどうかと、思われるかもしれませんが、
抗がん剤で胃がんを根治させるのは、現在のところは困難です。

 

 

ただし早期胃がんでの再発では、内視鏡治療後での再発は、
もう一度内視鏡治療や手術で完治する見込みは十分にあります。

 

 

再発・転移のリスクを減らすには、検査をしっかりと受けて、
早期に発見することが大切なのですね。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集