胃の不調で、お悩みの方へ

逆流性食道炎になったときの食事とは?

逆流性食道炎とは、
多くの場合は胃酸が食道に逆流をしまして、
食道の粘膜が炎症を起こすことでなります。

 

 

胃酸の役割は、胃の中で入ってきました食べ物の消化や、
食べた物と、一緒に入ってきました菌を殺す働きをします。

 

 

胃は胃酸から、守る働きがありますので、
通常は、胃酸で傷が付くことはないのです。

 

 

ですが食道には、胃のような胃酸から守る働きがないですので、
胃酸が逆流をしますと、簡単に粘膜が傷つきまして、
炎症を起こしてしますのです。

 

 

胃潰瘍や胃炎などが原因で、胃の働きが低下しまして、
食べ物が胃の中に長い時間とどまっていますと、
発症しやすいといわれています。

 

 

逆流性食道炎の食事の方法は以下のようになります。

 

 

・一度に食べ過ぎないようにする

 

胃に大量の食べ物が入りますと、逆流をしやすくなります。
強い胸焼けがある場合は、1回の食事の量を減らしまして、
回数を多くするようにしましょう。

 

・消化のよいものを選ぶ

 

胃に食べ物が長くとどまらないためにも、
消化時間の早いものを選びましょう。
脂肪を多く含むものは長くとどまりますので控えたいですね。

 

・刺激物は控える

 

香辛料・コーヒー・アルコール・タバコなどは、
胃の分泌が高くなり、炎症をおこしやすいので控えましょう。

 

・食後は安静に

 

食後にすぐ動きますと、食べ物が逆流しやすいので、
できるだけ安静にして、すぐに横になりますと逆流しやすいので、
座ったままの姿勢を保つようにしましょう。

 

・食物繊維を上手にとる

 

便秘はお腹の圧力があがり、逆流性食道炎になりやすくなります。
便秘にならないように、火を通してやわらかくなった、
野菜や果物などから、上手に食物繊維をとりましょう。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集