胃の不調で、お悩みの方へ

急性胃炎になったときの食事とは?

急性胃炎になる原因としましては、暴飲暴食やストレス、
細菌などの感染や、薬の副作用などいろいろありますが、
そのとき急激に発生する胃粘膜の炎症のことです。

 

 

急性胃炎についてはこちらに詳しく書いています。

 

 

1日程度で痛みがおさまる場合もありますが、
数日間強い痛みが続く場合は、食事はとらないようにしましょう。

 

 

症状が回復してきましたら、食事を少しずつ変えていくのですが、
その方法の例として、これから紹介します。

 

 

また、嘔吐や下痢などの場合には、脱水になりますので、
ぬるめのほうじ茶や、常温のスポーツドリンクなどで、
水分の補給はしましょう。

 

 

おおまかに言いますと、胃の不調なときに大切なのは、
辛い・刺激がある・熱すぎる・冷たすぎる・消化の悪いもの
このようなものは、避けた方がいいのはわかるかもしれません。

 

 

ですがそればかりを気にして、
栄養価の少ないものばかりをたべていますと、
急性胃炎からの回復が遅くなってしまいます。

 

 

そこで次の項目では、急性胃炎の症状がおさまってきまして、
食事をとりはじめるのにはどのようにしていけばいいのか、
4つの段階に分けて紹介します。

 

 


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集