胃の不調で、お悩みの方へ

慢性胃炎になったときの食事とは?

慢性胃炎とはびらん性胃炎といいます、
表層部のただれからはじまります

 

 

さらに時間が経ちますと、胃粘膜の細胞が活力を失って、
胃腺(いせん)が萎縮(いしゅく)した状態の、
萎縮性胃炎に移っていくと考えられています。

 

 

慢性胃炎になる原因として考えれれるのは、
アルコール・コーヒー・タバコやストレスなど、
胃の粘膜が荒れることを繰り返すことで、なると考えられます。

 

 

食生活はもちろんのこと、夜ふかしをしないなどの、
規則正しい生活を、心がけましょう。

 

 

慢性胃炎時の食事の方法

 

 

1日に3食を規則正しく、食事をするようにしましょう。
 食事の時間も、ある程度決めるのも良いでしょう。

 

 

栄養は十分のとるようにして、
 栄養価の高い卵や乳製品、脂質の少ない魚屋肉類をとりましょう。

 

 

一度の食事の量は、いつもより減らしまして、
 足りない場合は胃の負担にならないように、
 クッキー・ビスケット・蒸しパンなどの間食で、補いましょう。

 

 

アルコール・コーヒー・タバコなどの嗜好品(しこうひん)は、
 胃の負担になる刺激物ですので、控えるようにしましょう


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集