胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんの治療で便秘になる

胃がんの治療で便秘になるときにおすすめのメニュー

 

 

○高野どうふとさつまいもの煮物

 

・材料(1人分)

 

高野どうふ(乾燥)・・・・・・1枚(20g)
さつまいも・・・・・・・・・・・・50g
 |だし・・・・・・・・・・ 1と1/2カップ
 |砂糖・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
A|みりん・・・・・・・・・・・ 小さじ2
 |薄口しょうゆ・・・・・・・・ 小さじ2
  |塩小さじ・・・・・・・・・・・・・1/4

 

エネルギー:210kcal 塩分:2.0g

 

・作り方

 

1:高野どうふは水につけてもどして、
 食べやすい大きさに切り、しぼって水けをきる。
 さつまいもは皮をむき1cmの輪切りにして、水にさらす。

 

2:Aをなべに入れて煮立たせて、1を入れ中火で15分煮る。

 

3:15分煮たら火を止め10分ほど蒸らし、味をしみ込ませる。

 

※さつまいもは、体調によって気を付けたい食物です。
 消化に不安のある時は、長めに煮てやわらかくしましょう。

 

 

○ヨーグルトシリアル

 

・材料(1人分)

 

コーンフレーク(市販品)・・・・・・30g
プレーンヨーグルト(市販品)・・・100g
バナナ・・・・・・・・・・ 1/3本(30g)

 

エネルギー:202kcal 塩分:0.7g

 

・作り方

 

1:バナナは皮をむいて輪切りにする。

 

2:器にコーンフレークを入れ、ヨーグルトをかける。
 その上にバナナをのせる。

 

・ポイント

 

ヨーグルトは、生菌を含む発酵食品で、オリゴ糖も含んでいます。
カルシウムも豊富で、たんぱく質が吸収されやすい特徴もあります。

 

ドレッシングのかわりにヨーグルトをかけて、
冷蔵庫で冷やして食べると、酸味がまろやかになっておすすめです。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集