胃の不調で、お悩みの方へ

胃がんの治療で胸焼けになる

胃がんの治療で胸焼けになるときのおすすめメニュー

 

 

○かきたまうどん

 

・材料(1人前)

 

ゆでうどん・・・・・・・1玉(200g)
  |だし・・・・・・・・・1と1/2カップ
A|しょうゆ・・・・・・・・・ 大さじ1
  |みりん・・・・・・・・・・ 大さじ1
にんじん・・・・・・・・・・・・10g
ねぎ・・・・・・・・・・・・・・10g
卵・・・・・・・・・・・・・・・・1個
B|かたくり粉・・・・・・・・小さじ1/2
  |水・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・10g

 

エネルギー:380kcal 塩分:3.8g

 

・作り方

 

1:なべにAを入れて、短冊切りにしたにんじん、
 斜め薄切りにしたねぎをいれて、煮立たせる。

 

2:沸騰した湯でうどんをあたため、湯を切って器に盛る。

 

3:1にといた卵を回し入れ、Bでとろみをつけて、
 卵が固まって、浮き上がってきたら火を止めて、2にかける。

 

・ポイント

 

炭水化物を主成分とする穀物は、胃への負担が最も少なく安心です。
具に卵や野菜をプラスすると、栄養バランスもよくなり、
胃の回復も助けます。

 

 

○卵どうふあんかけ

 

・材料(1人前)

 

卵どうふ(市販品)・・・・・・・・・1個
むきえび・・・・・・・・・2尾(20g)
だし・・・・・・・・・・・・ 1/4カップ
|酒・・・・・・・・・・・・ 小さじ1
A|みりん・・・・・・・・・・小さじ1/2
|薄口しょうゆ・・・・・・・小さじ1/2

 

B|かたくり粉・・・・・・・・小さじ1/2
|水・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
刻み三つ葉・・・・・・・・・・・・少々

 

エネルギー:64kcal 塩分:1.2g

 

・作り方

 

1:えびは背わたをとり、塩水で洗って熱湯でさっとゆでる。

 

2:なべにだしをいれて中火にかけ、煮立ったら1とAを加える。
 再び煮立ったらBを回し入れ、とろみがついたら火を止める。

 

3:卵どうふを容器から取り出し、器に盛る。
 2のあんをかけ、三つ葉をちらす。

 

・ポイント

 

胃にやさしい調理方法は、[煮る・蒸す・ゆでる]です。
味が濃くなると、塩分が胃の粘膜を刺激するので、
薄味を心がけましょう。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集