胃の不調で、お悩みの方へ

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品は、最近はよく聞いたり、
CMなどでも見たことがあると思いますが、
どのようなものなのかよくわかりませんよね。

 

 

そこでジェネリック医薬品がどのようなものなのか、
調べてみましたので発表します。

 

 

医薬品とは、お医者さんの処方が必要な医療用医薬品と、
お医者さんの処方が無くても手に入る一般医薬品があります。

 

 

医薬用医薬品のなかには、新しい薬として造られています、
先発医薬品(先発品)というものがありまして、
これと同じ効果のある医薬品が、ジェネリック医薬品です。

 

 

先発医薬品に対して後発医薬品(後発品)と言われています。

 

 

薬には20〜25年の特許期間があるのです。

 

 

後発品のジェネリック医薬品は、その特許が切れた後に、
他のメーカーが製造・販売する薬でして、
開発費用がかからない分、価格も安くなるのです。

 

 

薬は約14,000種類あるといわれていますが、
ジェネリック医薬品が出ているのは、4割くらいです。

 

 

ジェネリック医薬品のメリット・デメリットとが、
どのようなものがあるのかは、次の項目で紹介します。


 
TOP お問い合わせ 相互リンク募集 サイトマップ 管理人おすすめリンク集